空域管理

FlightHorizon Selected for Airspace Management at Skyway36

Vigilant Aerospace‘s FlightHorizon airspace management and uncrewed traffic management (UTM) system has been selected as the airspace management system for…

Terra Drone, Unifly and Aloft Unite for UTM Development

Terra Drone Corporation, a prominent drone and Advanced Air Mobility (AAM) technology firm headquartered in Japan, has unveiled a collaborative…

AloftとSkydioはドローン空域管理の変革を目指す

ドローン技術ソリューションのトップランナーであるアロフト・テクノロジーズ社は、米国の大手ドローン会社スカイディオ社との先駆的な統合を発表した。

INVOLIとMatrixSpaceが航空交通認識で協力

協力的な航空交通監視ソリューション・プロバイダーであるインボリは、非協力的な航空交通監視のスペシャリストであるマトリックススペース社との協業を発表した。

テラドローン、グローバルUTM開発への投資を継続

日本を拠点とする著名なドローンおよび先進航空機動(AAM)技術プロバイダーであるテラドローン株式会社は、アロフト社への出資を発表した。

低高度空域認識のためのプリズム検知を開始

UTM(統合トラフィック管理)技術のリーダーとして知られるAltitude Angel社は、Prism Detectという新部門を発表した。この...

信頼性の高いロボティクスが空域統合の実証に成功

カリフォルニア州マウンテンビュー発-(BUSINESS WIRE)-航空機の安全性を高める自動化システムのリーダーであるリライアブル・ロボティクスは、一連のシミュレーションと飛行試験を完了した。

FAA、無人航空機システム交通管理実施計画を発表

米連邦航空局(FAA)はこのほど、無人航空機システム交通管理(UTM)導入のための議会指令による戦略を発表した。

イリジウムがモニター付きBVLOSのモデルを提案

イリジウム・コミュニケーションズ・インク(NASDAQ: IRDM)は、ビヨンド・ビジュアル・ライン・オブ・アメリカ(Beyond Visual Line of...

FAAがBVLOS運用に関する意見を募集

FAAは現在、UAS目視外(BVLOS)運用航空規則策定委員会が提出した提案を検討している。

米連邦航空局(FAA)が都市航空機動作戦2.0を発表

米連邦航空局(FAA)は、アーバン・エア・モビリティ(UAM)の運用コンセプト(ConOps)のバージョン2.0を発表した。バージョン...

ICAOがUTM共通フレームワークを発表

国際民間航空機関(ICAO)はこのほど、無人航空機システム交通管理(UTM)-中核となる共通フレームワーク-を発表した。

アロフト、AUVSI XPO 23で「エアボス」を発表

アロフト・テクノロジーズ社は、現場での低高度航空機のコーディネーションに特化した斬新な製品、エアボスのリリースを発表した。

Aceroが空域管理を改善

シリコンバレーにあるNASAのエイムズ研究センターが主導するNASAの緊急対応作戦のための先進能力(ACERO)プロジェクト。

EASAがUスペース・ガイダンスを発表

欧州連合(EU)航空安全機関(EASA)は、AMC(Acceptible means of compliance:許容される適合手段)の概要を示した初の文書を発表した。

読み込み中...