米国務省 は、ポーランドへの対外軍事売却の可能性を承認し、空域と地表レーダー偵察の獲得を支持した。 エアロスタット システム、および関連するロジスティクスとプログラム・サポート。この売却の推定コストは12億TP4Tである。国防安全保障協力局は正式に 通知済み 議会はこの潜在的な取引について

要求項目には、空域・地表レーダー偵察(ASRR)エアロスタットシステム、敵味方識別(IFF)機能付き空中早期警戒(AEW)レーダー、電子センサーシステム、係留システム、地上管制システム(GCS)、設置ハードウェア、特殊工具、試験装置、プログラム管理支援、検証試験、技術支援、輸送、予備・修理部品、通信機器、マニュアル、要員訓練、その他関連するロジスティクスおよびプログラム支援要素が含まれる。プログラム全体の費用は$12億円と見積もられている。

この売却案は、米国の外交政策目標および国家安全保障目標に合致するものである。 NATO同盟国の安全保障強化.を強化することを目的としている。 ポーランドポーランドは、敵の空中および地上兵器システムによる現在および将来の脅威に対処する能力を獲得した。獲得された装備は、航空早期警戒システムとして機能し、地域の脅威に対する防衛を支援するとともに、ポーランドが将来のNATO作戦により大きく貢献することを可能にする。この装備のポーランド軍への統合はシームレスに行われる見込みである。

投稿画像- レイセオン エアロスタット(画像出典:レイセオン)