レーダーセンサーネットワークにおけるマルチロータードローンの検出と分類:A Review」は、Angelo Coluccia、Gianluca Parisi、Alessio Fascistaによる著作である。

最近の技術進歩により、新世代の低コスト小型無人航空機(UAV)が利用できるようになった。ドローンと呼ばれる小型無人航空機は、これまでにない用途を可能にしつつあるが、同時に、その悪用(麻薬密輸、テロ攻撃、スパイ活動など)につながる新たな脅威も生じている。本稿では、ドローンの識別に関する主な課題について議論する。最も関連性の高い技術の概要を説明する。
are composed into a network of spatially-distributed sensors to ensure full coverage of the monitored area. More specifically, the main focus is on the frequency-modulated continuous wave (FMCW) radar sensor, which is a key technology also due to its low cost and capability to work at relatively long distances, as well as strong robustness to illumination and weather conditions. This paper reviews the existing literature on the most promising approaches adopted in the different phases of the identification process, i.e., detection of the possible presence of ドローン, target verification,
と分類される。

出版日 2020年7月

マルチローター・ドローンの検出と分類 in Radar Sensor Networks: A Review contains the following major sections:

  • はじめに
  • レーダー信号処理の基礎理論
  • ドローン探知に関する文献
  • ドローンの検証と分類に関する文献
  • 結論

MDPIが発行するすべての論文は、オープンアクセスライセンスのもと、全世界で即時利用可能です。図表を含め、MDPIが発行する論文の全部または一部を再利用する場合、特別な許可は必要ありません。オープンアクセスのCreative Common CC BYライセンスで公開されている論文については、原著論文を明確に引用することを条件に、論文のどの部分も許可なく再利用することができます。詳細は以下をご参照ください。 https://www.mdpi.com/openaccess.

C-UAS Hubはこのコンテンツを所有しておらず、ユーザーが元の場所にアクセスするためのリンクをページ下部に提供しています。これにより、著者は自分の作品に関連する重要な記事メトリクスを追跡することができます。すべてのクレジットは正当な所有者に帰属します。

著者たち アンジェロ・コルチア、ジャンルカ・パリジ、アレッシオ・ファシスタ

その他のマルチメディア・リソースについては マルチメディアライブラリー.

ドローン探知レーダーのサプライヤーをチェックするt C-UASハブ製品.

業界ニュース、開発、リソース、記事の最新情報をお届けします。 C-UASハブ会員 をクリックしてお気に入りのコンテンツをブックマークし、週刊ニュースレターや業界の重要な最新情報を受信してください!