ラファエル・システムズ グローバル・サステナビリティ エルエルシー(RSGS) 発表済み 同社はDHS科学技術局(DHS S&T)は、2024年3月18~22日にテキサス州フォート・ウォルターズで開催予定の対無人航空機(C-UAS)能力最適化研究環境(CORE)技術デモンストレーションに参加する。このイベントでは、ラファエルが開発した無人航空機(CUAS)の能力と有効性をデモンストレーションします。 ドローンドーム とスカイスポッターシステム。

DRONE DOMEは、敵対的なドローンに対抗するための包括的なソリューションです。最先端技術を搭載し、ドローンの探知、識別、無力化、迎撃に優れています。

スカイスポッターはパッシブな早期警報システムとして、高い探知確率と極めて低い誤警報率を実現します。固定された国家空域管理ネットワークにおける重要なコンポーネントであり、また戦力防護のための自動検知警報(AS&W)アプリケーションにおいて独立して機能します。このアプリケーションは、C-UASと地上防空(GBAD)の運用をサポートします。

DRONE DOMEとSKY SPOTTERは、戦闘においてその有効性を実証しており、重要な空域を網羅し、安全を確保しながら、空中の脅威から世界と国土の防衛を守るための実証済みのシステムです。ラファエルの全製品と同様に、DRONE DOMEとSKY SPOTTERは堅牢かつモジュール式に設計されており、シームレスな拡張性とカスタマイズが可能です。

2019年に設立されたラファエル・システムズ・グローバル・サステインメント(RSGS)LLCは、イスラエルのラファエル・アドバンスト・ディフェンス・システムズの米国代理会社子会社および公認ブローカーとして運営されている。RSGSは、米国政府と重要な民間セクター企業の両方の能力ギャップに対処するために、試験済みで実証済みの技術ソリューションと維持サポートを提供することにより、北米市場にサービスを提供することに専念している。同社は主に、知的財産とデータストレージ、製造、エンジニアリングの3つの主要分野において、ラファエルの技術をアメリカナイズすることに注力しています。RSGSは、スパイク・ミサイル・ファミリー、国土安全保障ソリューション、航空・ミサイル防衛/対UASの3つの事業部門に分かれている。

投稿画像- ラファエル・ドローン・ドーム(画像出典:RSGS)