米国務省のテロ対策局が主催した。 第1回対面式ワークショップ of the Counter-Drone Five Eyes (FVEY) Policy Forum in Washington, D.C., from August 22 to 24, 2023. This event brought together FVEY partners and key U.S. government stakeholders for substantive discussions on カウンタードローン strategies. The focus was on developing and implementing national policies, enhancing collaboration among FVEY partners, and strategizing for the future of the Counter-Drone FVEY Policy Forum.

FVEY各国代表団には、英国内務省と国防省、カナダ王立カナダ騎馬警察とカナダ運輸省、オーストラリアインフラ・運輸・地域開発・通信・芸術省、ニュージーランド運輸省の代表者が名を連ねた。米国代表団は、国家安全保障会議、国土安全保障省とその構成機関、税関・国境警備局とサイバーセキュリティ・インフラ安全保障局、司法省と連邦捜査局、連邦航空局、国防総省の代表者が参加した。

カウンター・ドローン・ファイブ・アイズ(FVEY)政策フォーラム初日

The initial day of the workshop brought together participants at the Department of State’s George C. Marshall Center for introductory sessions, presentations by FVEY partners outlining their ongoing challenges, and panel discussions addressing the characterization of ドローン threats and current mitigation practices. クリス・ランドバーグ テロ対策局上級局員、および ジェフリー・ギアウク 危機対応・技術担当副調整官が開会の辞を述べた。両氏は、ドローンや新たなテクノロジーの脅威への対策における参加者の取り組みと協力に謝意を表明した。ランドバーグ上級事務官は、テロリストによるテクノロジーの悪用の可能性に対処するための国務省の揺るぎない決意を強調した。ランドバーグ上級事務官は、現代の戦争と社会の将来的な展望において、ドローンの重要性が増していることを認識し、この進化するテクノロジーに対抗するためには、政府全体による包括的なアプローチが不可欠であることを強調した。

開会の挨拶の後、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、英国、米国の代表が、ドローンの脅威に対するそれぞれの国の見解について包括的な洞察を述べた。既存の政策、規制の枠組み、ドローン対策に採用されている国内戦略などのトピックが取り上げられた。 ブレント・コットン, Director for the C-UAS Program Management Office at the Department of Homeland Security, spoke on behalf of the United States, offering a detailed account of the 18-month process involved in formulating new 立法 and policies for countering drones across various interagency channels. This presentation provided participants with valuable perspectives on the shared challenges and distinctive approaches of the FVEY partners in countering drones. It also delved into the complexities of crafting streamlined counter-drone legislation, encompassing authorities, policies, technical requirements, and the subsequent implementation of these measures.

カウンター・ドローン・ファイブ・アイズ(FVEY)政策フォーラム2日目

Serving as the official co-host of the FVEY Counter-Drone Policy Forum, the British Embassy in Washington, D.C., hosted the second day of the workshop. During this session, participants extended their discussions on evolving threats and trends in the context of drones. FVEY partners and U.S. government stakeholders actively engaged in panel discussions exploring the beneficial applications of drones. The panels also delved into the current status of each country’s integration of drones into legislative and regulatory frameworks, addressing challenges related to incorporating aerial drones into 民間 society and the national airspace.

3日目 国土安全保障省主催の技術デモンストレーション

ワークショップ最終日は、国土安全保障省主催のもと、セント・エリザベス・キャンパスで開催された。技術デモンストレーションでは、国務省外交安全保障局、税関・国境警備局、MITREの展示が行われた。

ドローンのコントローラーと、その後ろで話す人の写真。
技術的なデモンストレーションでは、ドローン脅威行為者と対ドローン法執行機関の両方が採用している現在の技術、戦術、技術、手順の一部が紹介された。(画像出典:米国国務省)

 

このデモンストレーションでは、高速で動作するドローン、ペイロードの投下による模擬攻撃の実行、ドローンスウォーム、固定翼ドローンの操作などが行われた。ドローンが国家安全保障にもたらす脅威の進化と懸念が強調される一方で、ドローンの大きな利点が効果的に強調された。特に、このデモンストレーションは、FVEYパートナー間の強固な協力関係の必要性を強調した。ドローン対策FVEY政策フォーラムは、この技術の邪悪な使用に対抗するための一貫した政策を策定するための極めて重要な第一歩であると認められた。

ワークショップは、FVEY対ドローン政策フォーラムを、対ドローン政策の進化と実施に特化した永続的な組織として正式化することを5カ国からの参加者が約束し、終了した。参加者は、この対面会議の実質的な価値が、今後の会議を年次イベントとして確立することを正当化することに合意した。

この記事の原文は www.state.gov

分野別の対UASコンテンツについては、以下をご覧ください。 C-UAS Hubのセクターページ.

投稿画像-対ドローンFVEY政策フォーラム・ワークショップの第1回会合では、関係者が一堂に会し、ドローン技術の脅威と機会の増大に対処するための解決策を可能にするために何ができるかを議論した。(投稿画像出典:米国国務省)