中東における非国家的暴力によるドローン使用の比較研究』は、国際テロ対策センター(ICCT)の...国際刑事裁判所)によるレポート ヤニック・ヴェイユ=ルパージュ そして エミール・アルシャンボー

本報告書は、中東で活動する5つの非国家グループ、ヒズボラの無人機プログラムを調査したものである、 ハマスその フーシ 運動、イスラム国(IS)、クルド労働者党(PKK)。他の多くの暴力的な非国家主体とは異なり、これらのグループはドローン使用において戦術的および/または技術的に革新する意欲を示し、ドローン技術との長期的な関わりを維持し、ドローンインフラを開発する能力を示している。彼らのドローン・プログラムの開発は、時間軸、方法、戦略、戦術の点で様々である。報告書は、すべての非国家集団のドローン・プログラムの発展過程が一様であるという考え方を否定し、テロ集団のドローン利用を位置づけることの重要性を強調している。 ドローン を、包括的な戦略目標に照らして検討する。

ドローンを使用する特定のグループの目標を理解することは、脅威を理解し、単発的なドローンの使用ではなく、ドローンプログラム内のイノベーションによってもたらされる課題に対処するために極めて重要であるという主張である。本報告書は、ドローン・イノベーションを研究するためのフレームワークを提案する。

出版日- 2022年12月

非国家的暴力によるドローン使用の比較研究 中東 以下の主要セクションを含む:

  • はじめに
  • ヒズボラ
  • ハマス
  • フーシ運動
  • イスラム国
  • クルディスタン労働者党/民主統一党
  • 比較分析
  • 結論

この文書には配布制限は記載されていません。C-UAS Hubは本コンテンツを所有しておらず、以下のリンクをユーザーに提供しています。 ボトム をクリックすると、そのページの元の場所にアクセスできます。これにより、著者は自分の作品に関連する重要な記事の指標を追跡することができる。すべてのクレジットは正当な所有者に帰属します。

関連コンテンツ

紅海におけるフーシへの英国と国際的対応 2024年

ベルリン・メモランダム「無人航空機のテロリスト使用への対処に関するグッド・プラクティス

アフリカにおける非国家武装集団によるUASの使用

投稿画像 サヌア旧市街の建築、イエメン (画像出典:Adobe Stock アントン・イワノフ 写真)