なぜ今日のC-UASシステムは、明日のUSVやUGVを防御するために構築されなければならないのか? のザック・ジョージの記事である。 CRFS.この記事はCRFSの許可を得て再掲載した。

ロボティクスと自動化システム(RAS)の領域で軍拡競争が繰り広げられている。無人航空機(UAV)が優位を占める一方で、海上領域では無人水上艦艇(USV)、陸上領域では無人地上車両(UGV)の開発と運用展開が顕著に急増している。

世界中の軍隊がこれらの技術に投資し、戦術的にどのように採用するかを研究している。例えば、米海軍のタスクフォース59は、様々な請負業者が所有・運用するUSVで実験を行っている。しかし、ほとんどの対RAS(C-RAS)システムや計画は、空からの脅威に対抗することだけに焦点を当てている。例外はオーストラリア国防総省である。 すべてのロボットと自律システム.

通信とスペクトラム利用の脆弱性を考えると、今こそC-RASシステムを開発する時である。RF検出とジオロケーションは、通信バックホールの脆弱性を突く重要な機能を提供する。

対ロボティクス・自動化システム(C-RAS)とは?

Operators are starting to use unmanned platforms together, such as a UAV delivering a 超高真空 or a USV launching UAVs. Therefore, countering unmanned platforms is no longer a domain-specific problem (air, land, sea). Multi-domain unmanned threats must be addressed together.

C-RAS technologies are designed to counter various robotic systems, including ドローン, autonomous vehicles, robotic weapons, and other automated platforms. They aim to develop methods to identify, track, and potentially disable or neutralize these systems.

戦闘および違法密輸対策におけるRASシステムの最近の使用例

ウクライナ、2020年のナゴルノ・カラバフ戦争、イラクとアフガニスタンでの米国の作戦など、多くのUAV作戦が記録されている。しかし、その他にも世界中で多くのRAS支援による軍事作戦が行われている。戦闘用プラットフォームが最もメディアで注目される一方で、各国は補給やMEDAVCといった後方支援や医療任務のための無人プラットフォームにも投資している。

以下はUSVとUGVの最近の使用例である。

カルテル

カルテルはUSVを作戦に組み込んでいる。その中で 2022年7月スペイン警察は、モロッコから最大200kgの麻薬や密輸品を運ぶことができる半潜水型無人船を回収した。このシステムは、おそらくリーチバック通信で作動する。

爆発物を搭載したUSV

歴史的な攻撃や海上テロ(2000年のUSSコール攻撃など)を教訓に、世界中の軍隊が、敵の戦闘能力や後方支援能力を低下させるため、爆薬を積んだ低姿勢のUSVを実験的に使用している。USVの制御には、おそらく商用SATCOMを使用していると思われるが、地上通信を使用することも可能である。

中国

中国が機関銃を開発 "ロボット犬"UGVは、歩兵部隊を支援し、敵の側面で援護射撃を行うために、ヘビーリフトUAVによって戦闘地域に空輸することができる。様々なRF送信機がドッグの上に設置されており、おそらくVHF/UHF帯のものだろう。

海上領域では、中国の防衛企業が自律型、障害物回避型、群遊型のUSVを開発し、ステルスのような能力を持つことが報告されている。報告によると、2kmの遠隔操作、20km(見通し)のプライベート・ネットワーク制御、SATCOM制御が可能。(上のポストイメージ動画を参照)

RASシステムは戦力保護にとってどのような意味を持つのか?

Despite the increased focus on creating RAS systems, there has been a shortage of developments to combat ever-increasing threats from USVs and UGVs. Militaries need to start asking hard questions—for example, how to protect a naval base against a low-profile USV laden with explosives that enters at night. This USV scenario is a force protection nightmare.

USVとUGVのスペクトラムの脆弱性

USVやUGVは通信バックホールへの依存度が高く、通信が遮断された場合に引き継ぐ人間のオペレーターがプラットフォームに物理的にいないためです。そのため、USVやUGVが完全なエミッション・コントロール(EMCON)に入ることは非常に難しく、可能ではあるが、衝突や故障のリスクが高い。SATCOMは妨害しにくいが、それでもマルウェアの標的になる可能性はある。

USVにとって、外洋は限られた物理的障壁しか提供しないが、地形を利用して信号送信を隠すことは難しい。また、母船を使用しない限り、かなりの距離を移動するほど高い信号パワーが必要となるが、EWシステムは高いパワーをより容易に探知する。

逆にUGVの場合、丘や建物などの地形を越えて通信するための中継局や送信機の必要性が高いため、物理的な障壁が存在する。また、大砲が輻輳する戦場では、UGVの航行が阻害される可能性がある。そのため、中継局やメッシュ・ネットワークの数が増えると、信号伝送の音量が大きくなり、EMCONが複雑になり、UGVの通信がジオロケーションの影響を受けやすくなる。

RF検出とジオロケーション・ソリューション

軍と民間の周波数計画を重ね合わせることで、非割り当て(敵)のUSVやUGVの信号を検出することが容易になる。これらの可能性のある信号が特定されれば、敵のUSV/UGVのPACE計画をマッピングし、より妨害しやすい周波数に押しやるために電子攻撃の群れ技術を採用することができる。また、信号探知機(マスクの代わりに)を使って、無人通信網の存在を警告することができる。

マルチドメイン無人プラットフォームに対抗するため、 検出器ベースの3D TDOA could potentially distinguish the drone’s signals from the weapon’s signals. As such, C-UAS sensors, jammers, or gun systems can be employed to engage the UAV, while ground sensors and weapons can detect and track the UGV.

AISスプーフィング検知もまた、C-USVツールキットに役立つ。USV母船は、致命的なUSVを展開する前に「暗闇」に入り、AISをオフにしたり、スプーフィングしたりする可能性があるからだ。そのため AISスプーフィングを検知 沿岸防衛用途には欠かせない。

最後に、世界が青対赤の "ドローン戦争 "の戦場に突入する中、友好的なスペクトラムを妨害や干渉から守り、USV、UGV、UAVが自由に活動できるようにすることは極めて重要である。多くの教訓は、米国内の開発から学ぶことができる。 無人交通管理 と先進的な航空機動空間を海軍と地上作戦に適用する。USVやUGVの味方の無人オペレーターも、敵のEW部隊からの探知を最小限にするために、EMCON技術の訓練を受けるべきである。

結論

Robots in war are becoming more prevalent, and unmanned platforms are already being employed. Western militaries have long focused on the tactical use of this technology from a friendly point of view. However, C-UASシステム can be copied and pasted for counter-USV and UGV missions. Custom RF detection is vital to any C-RAS system.

こちらも参照 RF復調の魔法RF信号から使用可能なデータへ