イエメンにおけるフーシ派の活動が活発化しているため、米中央軍(CENTCOM)は最近、ほぼ毎日... 日刊サマリー テロ集団が国際海運や商船、米海軍の艦船に与える脅威への対応について。特に、中米中央司令部(CENTCOM)は、無人水上艦船(USV)や、米海軍の艦船を頻繁に防衛してきた。 航空ベースの脅威そして現在、無人潜水艇(UUV)がこの地域で確認されている。

無人海上システムの使用は、予想外の戦術ではない。しかし、このようなシステムが以下の両者にとって不可欠なツールになりつつあることを浮き彫りにしている。 つうじょうせんへい 軍と非国家主体。

ウクライナにおけるUSVの使用とウクライナ製UUVの出現

ウクライナは、USVやその他の軍事戦術を駆使して、次のようなことに成功している。 ロシア海軍に嫌がらせをする そして東に押し戻す。

紛争を通じて、ウクライナは爆発物を積んだ「神風」USVを使用することで、ロシアの船舶を無力化しようとしてきた。これらのUSVは、長距離を航行し、目標に向けられ、着弾と同時に作動し、衛星リンクを介して遠隔操作される。作戦範囲を拡大するために開発されたこれらのUSVは、複数の攻撃で記録されている。しかし、その結果は依然として論争の的となっており、検証は困難であることが判明している。

Prominent USV strikes have included the assault on ships in Sevastopol harbor in October 2022. Despite the frigate RFS Makarov successfully defending against the attack and seemingly sustaining no damage, the minehunter RFS Ivan Golubets was hit. Another significant event was the second major strike of the war on the Kerch Bridge connecting Crimea to ロシア, seemingly executed by detonating a USV beneath the bridge on July 16, 2023.

ウクライナは航続距離を伸ばした第2世代のUSVを導入し、より東方への攻撃を可能にした。2023年8月3日夜、黒海東部のノヴォロシースク港沖で、ロプチャ級揚陸艦RFSオレネゴルスキー・ゴルニャクが標的となった。ウクライナは、この攻撃の詳細なビデオを公開しただけでなく、港に入港する際に大きくリストアップされた船を映した写真やビデオを通じて、検証可能な証拠も提供した。

2月14日、ミサイル船が破壊されてから2週間も経たないうちに イワノヴェッツウクライナ軍 沈没を主張 もう1隻の重要なロシア軍艦の シーザー・クニコフロプチャ級揚陸艦が早朝に衝突した。この主張は、クリミアのアルプカ沖で同船がマグラV5海域に何度も衝突している様子を映したビデオ映像によって立証された。 ドローン 同国の軍事情報機関が運営している。

2023年8月23日、多くのウクライナ人が ソーシャルメディアアカウント は、ウクライナの最新型水中自爆ドローン "マリチカ "のお披露目ビデオを公開した。

映像の通り、マリチカは ブラックUUV 全長6メートル、約1000キロの航続距離を誇る。攻撃、輸送、偵察などの任務がこなせる。

最近の紅海USVとUUVの活動

空中、地上、海上の両領域で無人システムを使用する戦術は、世界中で拡散し続けるだろう。紅海での米中央軍に対するUSVの使用増加を見てもわかるだろう。海上領域における最近の無人システムの例としては、以下のようなものがある:

2月17日午後3時から午後8時(サヌア時間)の間に、CENTCOMは次のように報告した。 X イエメンのイランが支援するフーシの支配地域で、3基の移動式対艦巡航ミサイル、1基の無人UUV、1基のUSVに対する5回の自衛攻撃を成功させたと発表した。これは、10月23日の攻撃開始以来、フーシがUUVを使用した最初の事例である。

2月16日午後1時15分(サヌア時間)から17日午前1時まで、 CENTCOMの報告 対艦弾道ミサイル4発がイエメンのフーシ支配地域から紅海に向けて発射された。ミサイルのうち3発は、パナマ籍でデンマーク所有の商業船MTポルックスに向けて発射されたと評価されている。MT Polluxやこの海域にいた他の船舶からの負傷者や被害は報告されていない。

さらに、午後1時40分から午後6時45分までの間、イエメンにおいて、中米中央司令部は機動対艦巡航ミサイル1発とUSV1隻に対する2回の自衛空爆に成功した。

2月14日午後1時から午後7時30分(サヌア時間)までの間、イエメンのフーシ支配地域において、中米中央司令部(CENTCOM)軍は4回の自衛空爆を実施し、7発の移動式対艦巡航ミサイル(ASCM)、3発の移動式無人航空機(UAV)、1発の爆発性USVを効果的に標的とした。これらの資産は、紅海の船舶に対する発射態勢を整えていた。

2月10日午後4時から5時(サヌア時間)にかけて、中米中央司令部(CENTCOM)軍は以下の作戦を効果的に実施した。 正当防衛攻撃 イエメンのアル・フダイダの北に位置する2隻のUSVと3基の移動式対艦巡航ミサイル(ASCM)を標的とした。これらの実体は紅海の船舶に対する発射態勢を整えていた。

2月9日午前3時から午後9時40分まで(サヌア時間)、中米中央司令部(CENTCOM)は次のように述べた。 戦力 は、紅海で艦船に対する発射準備が整った2機の移動式USV、4機の移動式対艦巡航ミサイル、1機の移動式陸上攻撃巡航ミサイル(LACM)を標的とした自衛攻撃を実施した。

新興国への対抗 USVとUUVによる海洋の脅威 は、おそらく世界中の海軍にとって最優先事項であろう。このような対UxS技術と戦術が開発されると同時に、海軍は攻防海上作戦用の海上ベースの無人船を独自に建造することになる。

投稿画像-マナマ、バーレーン(2024年1月29日)1月29日、バーレーンのマナマにある米海軍中央司令部(NAVCENT)の海上作戦センターで待機する船員たち。NAVCENT/米第5艦隊の作戦海域は、アラビア湾、紅海、オマーン湾、アデン湾、アラビア海、インド洋の一部を含む約250万平方マイルに及ぶ。21カ国からなるこの海域には、ホルムズ海峡、スエズ運河、バブ・アル・マンデブの3つの重要な隘路が含まれている。(画像引用 米海軍写真 ジェイコブ・バーニアー2等マスコミ・スペシャリスト著)