運輸保安局(TSA)は、クロアチアの首都ザグレブに無人航空機システム(UAS)、セキュリティの取り組みを拡大した。東欧7カ国から集まった28人の航空関係者を対象に、3日間の訓練コースが実施された。特筆すべきは、COVID-19の流行が始まって以来、TSAの法執行/連邦航空保安局(LE/FAMS)が主導するUAS訓練が米国外で初めて開催されたことである。

「数十年にわたる紛争と経済の混乱の後、この地域の空港と航空会社は、フライトと乗客数の点で成長しています」と、ローマの米国大使館に駐在するTSA代表のスティーブ・ペトリックは語った。「無許可の(ドローンの)飛行が 空港 深刻な安全とセキュリティのリスクをもたらし、空港運営に混乱と遅延をもたらす可能性がある。

ペトリックとマイケル・キャスキー監督FAMは、UAS訓練やその他の取り組みを通じて、TSAの目的は世界的なパートナーシップを広げ、国際テロ防止を強化し、世界全体の航空保安水準を高めることだと強調した。

キャスキーは、世界的な脅威の高まりを指摘した。 UASがもたらすリスク 空港ではUASとの遭遇が増加している。ドローンの悪意ある使用は、次のような可能性を秘めている。 犯罪者 とテロリズムの脅威が世界の航空システムを脅かしている。LE/FAMSは、ベストプラクティスを共有し、国際的な輸送関係者や政府との協力関係を強化するための情報を提供することにより、TSAの海外パートナーからの要請を支援することに専念している。

訓練コースでは、利用可能な計画、訓練、装備の紹介に重点が置かれた。参加者には、UAS対応計画を策定し、演習を実施し、無人航空機システムの使用によってもたらされる増大する課題に対処するためのチームを設立することが奨励された。

バルカン半島のTSA関係者を支援し、情報を提供するために、キャスキーは、LE/FAMSとTSAの国際業務によって開発されたトレーニングが、UAS遭遇に関連するリスク評価、緊急手順、事故報告の重要性を強調することを目的としていることを強調した。研修では、次のような情報が取り上げられた。 対ドローン技術商業市場で容易に入手可能な高度な航空機能を備えた小型UASに関連するリスクを軽減するための、探知方法、対応戦略。

ペトリック氏は、クロアチアでのこのトレーニングは、TSAとTSAが主導する一連の地域的イニシアチブの初回セッションになると予想している。 航空保安に関するDHS 西バルカン半島のバルカンスピリット2と呼ばれている。(参考)

投稿画像引用元:envatoelements ワイヤストック