データの忠実性が重要レーダーの会話は、唯一の識別要素である航続距離に集中している。空域の精度なくして航続距離に何の意味があるのか?レーダー・データはセンサー・フュージョン・アレイの基礎であり、あらゆる状況認識活動やシステムの中核である「探知-追跡-識別-決定-行動」のプロセスに不可欠な、ミッション・クリティカルな方位-高度-距離-速度-方位データ要素を提供する。

レーダー・データの忠実性は航続距離と同じくらい重要です。EchoShieldは、Kuバンドで動作する次世代、ソフトウェア定義、中距離、パルス・ドップラー、コグニティブ・レーダーで、ラジオナビゲーションおよびラジオロケーション・アプリケーション向けです。EchoShieldは、Tx/Rxセル密度の向上に対する障壁を打ち砕き、センサー・フュージョン層、コマンド&コントロール(C2)インターフェース、その他のインテリジェント・システムやプラットフォーム向けに、業界で最も正確な空間データを生成します。方位角と仰角の両方で業界をリードする0.5度の角度追尾精度を提供するEchoShieldのデータ忠実度は、対象物への視線、エフェクター・プラットフォーム、シーン管理向けに、より一貫して正確な光学的キューイングを実現します。

クラスをリードするSWaPと、カスタマイズ可能でインテリジェントな広い視野(FoV)を持つEchoShieldは、ユーザー、場所、ミッションに合わせて迅速に最適化できるように設計されています。コグニティブ・レーダーのコンセプトを導入したEchoShieldの複数のミッション・セットは、特定の目的に応じて調整された波形とビーム・スケジュールを利用し、優れた性能を発揮します。例えば、Counter-SUAS Mission Setは、グループ1および2のドローン侵入者向けに最適化され、FoV全体を継続的に探索しながら、関連する物体が最も見つかりやすい場所(低い水平線沿いや地上のポップアップ)で、より大きなレーダーエネルギーをインテリジェントに提供します。 グループ3+のCUAS、沿岸、港湾、下船、その他顧客の要求に対応するミッションセットは、レーダーのコグニティブ・アーキテクチャーから簡単に呼び出すことができ、迅速に利用できます。

エコーシールド - レーダーの再発明。