RFeye Site は、RF スペクトラムの管理と監視を支援するために設計された、リアルタイムのエキスパートユーザーソフトウェアです。RFeyeサイトでは、1つのノード、複数のノード、複数のノードに接続することができます。 RFeyeノードあるいは RFeyeアレイを作成し、さまざまなスペクトラム・ミッションを実行させます。その結果は、高度にグラフィカルなフォーマットで表示され、ニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

RFの専門家によるRFの専門家のためのRFeye Siteは、あらゆるスペクトルタスクやミッションに簡単に導入できる測定・解析ツールの広大なスイートです。無限の汎用性を持ち、単一のソフトウェア・アプリケーションに高度な機能を幅広く統合しています。

ノードまたはノードのグループを接続すると、各レシーバーからの受信スペクトラムを即座に視覚化し、関心のあるエリアに素早くズームインすることができます。ウォーターフォールやI/Qタイムチャートを追加することで、さらに効果を高めることができます。

RFeye Siteは、手動または自動で興味のある信号を検出し、複数のジオロケーション技術を使用して信号の発信源を特定するのに役立ちます。TDOA(Time Difference Of Arrival)、POA(Power on Arrival)、AOA(Angle Of Arrival)の各技術に加え、これらを組み合わせたハイブリッドジオロケーションもサポートしています。これらすべてがインタラクティブ・マップ内に表示されます。

RFeye Siteは、周波数、占有率、電力、周波数偏差など、基本的な測定をすべて行うことができます。このデータは、カスタマイズ可能なチャートと測定ツールで分析できます。また、特定のバンドやチャンネルに周波数マスクを設定し、マスクの破壊を利用して、I/Qスニペットの記録、ジオロケーション、サードパーティシステムのトリガーなどのタスクをトリガーすることもできます。

RFeyeサイトでは、高速で移動する車両からの放射も正確に追跡できるよう、非常に高速な更新レートで複数のターゲットをリアルタイムに広範囲に追跡することができます。私たちは、複数のジオロケーション技術(AOA/DF、TDOA、POA)と、それらを組み合わせたハイブリッドジオロケーションを使用しています。

RFeye Siteでは、パフォーマンスに影響を与えることなく、複数のミッション(ジオロケーション、探知、測定ミッションなど)を同時に実行することができます。サイトのコピーを持つ複数のユーザーが同時にノードに接続し、ミッションのタスクを実行することも可能です。

オペレータが実世界と同じツールを使ってトレーニングできるように、RFeye Siteを使用して現実的なトレーニングシナリオを作成することができます。シミュレートされたノードやトランスミッターはすべて、実際の状況を再現するためのカスタマイズ可能なオプションで作成することができます。

当社の伝搬モデリングツールは、地球の曲率効果、地形の障害物、およびユーザーが作成したカスタム障害物を完全に考慮して信号伝搬をシミュレートすることができます。これにより、ハードウェアを設置する前にノード・ネットワークを解析することができます。地形解析ツールを使用することで、実世界に展開する前に、仮想世界でのパフォーマンスを最適化するためにノードの位置を変更することができます。

さらに、センサー・フュージョンや、cUASミッションが複数の検知・検証手段を提供することを保証するために要求されるその他の要件を満たすために必要な多層ソリューションに、当社のノードを統合するためのRESTful APIを提供しています。