DroneSec脅威インテリジェンスは、悪意のある目的のためにドローンを利用する新たなトレンドと敵対者に関するリアルタイムの脅威画像を提供します。DroneSecは、グローバルなカバレッジを提供し、新しい戦術、技術、手順(TTP)、進化する技術、無人機や自律型システムに関連する脅威環境の認識を監視します。
私たちのシステムには、詳細な技術的要素分析、文脈の充実、脅威削減の推奨を提供する人間の情報アナリストとともに、人工物をスクレイピング、監視、報告する高度な技術が含まれています。DroneSecは、地下フォーラム、ソーシャルメディア、メディアを含む何千もの情報源から情報を収集し、敵の作戦、調達、標的、ドクトリンのイメージを形成します。
DroneSecプラットフォームは、シンプルなウェブベースのユーザーインターフェイスで、長年の履歴データとリアルタイムのアラートを組み合わせています。このシステムは、脅威アクター用語集、ドローンデータベース、ナレッジベースなどのデータベースへのアクセスをサポートし、単一の共通オペレーション画像へのアクセスをユーザーに提供します。プラットフォーム内のドキュメントは、チェックリスト、プレイブック、ガイドライン、ホワイトペーパーを組み合わせることで、ドローン対策プログラムを支援し、ミッションをサポートします。
DroneSecのスレットインテリジェンスは、検知システムやミティゲーションシステムなどの他のドローン対策技術と高度に補完的であり、これらのソリューションが提供する機能やデータを強力に補強・拡張します。DroneSecは、世界中の政府、軍、法執行機関から高い信頼を得ており、2016年以来ドローンのみに特化し、プレミアムなサービスとトップクラスの能力を求める顧客リストを独占的に審査しています。
このシステムが提供する主な側面は以下の通りである:
  • グローバル、ローカル、特定のドローン事故追跡
  • ドローン事故のリアルタイム通知とアラート
  • 現在および過去のドローン事故情報に対するデータ主導の洞察とトリアージ分析
  • UAS脅威要因の情報、戦術、技術、手順
  • ドローンおよびペイロード・コンポーネントの詳細な技術分析
  • インシデントシナリオとユースケースを製品開発の改良に役立てる。
DroneSecを利用する企業には以下のようなメリットがある:
  • UAS/C-UASデータのオープンソース・インテリジェンス(OSINT)収集の自動化
  • カタログ化され、タグ付けされ、フィルタリングされ、デジタル検索可能なデータベースにより、アナリストの作業負荷を軽減
  • 他の情報源、レイヤー、システムとの相互相関を提供する。
  • 技術的なUAS/C-UAS TTPに関するUNCLASSIFIED情報へのアクセス

詳細やデモ販売については、このサイトからお問い合わせください。